お菓子

お菓子業界の罠に,日本国人いや世界の人々はみんな、はまってしまっているような気がすることがあります。

砂糖に、油脂に、添加物などなど・・・

成分表示を見れば、ほんとに怖くなりますね。

1歳や2歳のお子さんでも、ジュース、チョコレートや砂糖菓子を食べること自体、世間の常識のようになってしまっています。

大人がジュース、チョコレートや砂糖菓子を食べるのは、自己責任といえます。

しかし子どもは、大人が与えたものしか口にするしかできません。
子どもは体に悪いから、といって拒否しません。大人が与えたものをなんでも食べてしまうんです。

さらに毎日与えると、その次にはクセになります。

「虫歯がたくさんできたから、急にジュース、チョコレートや砂糖菓子はやめなさい」
とは現実的に無理ですよね。

嗜好品は少量をたまに・・・
というくらい、が一番ありがたみがあっていいと思います♪

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL