「高結晶HAインプラント」の講習会に行ってきました。

2018年4月15日(日) の10:00~16:00において、「高結晶HAインプラントの特性を生かした患者目線のインプラント治療」の講習会に行ってきました。

講師は、東京都江東区で開業されている中村雅之先生と、京都港区で開業されている林丈裕先生でした。

私も、シンプルかつ低侵襲な創傷の治癒を妨げないインプラント外科治療を目指しているのですが、今回の講習会では、高結晶HAインプラントの特性を生かした外科治療つまり、多種の考え方・必要なテクニックを教えていただきました。

近年、歯科治療において高結晶HAインプラントは、とても有効性がりあり、良好な長期経過の臨床報告が挙げられています。

例えば、骨形成を期待したい抜歯即時埋入や、骨質が疎な部位などの条件が悪い部位に対し、高結晶HA特有の骨伝導能により最大の効果を発揮します。

安易に骨造成を考えるのではなく、高結晶HAインプラントの骨結合メカニズムを効率的に利用することにより本来不要であった、骨増生などの特別な処置は必要なくなります。

今回の講習会で、目先のテクニック主導ではない、本当の意味での患者目線のインプラント治療のコンセプトを学ぶことができたと思います。

講義内容としては、

①高結晶HAインプラントの特性を生かしたインプラント外科治療

②創傷の治癒を妨げないインプラント外科治療

③治療回数・期間の短縮

④治療期間中のQOLの向上

⑤長期的視野に立った治療計画と上部構造の選択

⑥審美性及び清掃性を考慮した補綴形態

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL