「永久歯」へと生えかわり

こどもの歯は、6歳頃から12歳頃にかけて、「乳歯」から「永久歯」へと生えかわります。

そして、永久歯に生えかわると、噛む力も強くなって、いろいろな食べ物を効率よく、噛み砕くことが出来るようになります。

そのためには、永久歯への準備が行われています。

①乳歯のもとになる「乳歯歯胚」は、妊娠7~10週目に作られます。

永久歯の中で最も早く生えてくる第一大臼歯や前歯の歯胚は、妊娠3~5ヶ月頃に作られます。

②6歳頃には、乳歯から永久歯への生えかわりが始まります。そして、生えはじめの永久歯の歯根は未完成の状態で生えてきます。歯根が完成するには2~3年かかります。

③永久歯は、乳歯の下(これはあごの中になります)でゆっくり成長します。

最初に歯冠部が作られます。そして次に歯根が作られます。

永久歯の歯根ができる時に、乳歯の歯根を溶かし始めて、永久歯の生え変わりを助けます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL