「かかりつけ歯科医ができるがん治療への貢献」の講習会に行ってきました。

医療法人さかの歯科、副院長の坂野美恵です。

2018年11月17日土曜日に、演者が大阪大学歯学部附属病院口腔がんセンター長、鵜沢成一先生の講習会に行ってきました。

題目は、「かかりつけ歯科医ができるがん治療への貢献」でした。

最近、口腔癌の患者さんは増加傾向にあり、口腔癌の多くはかかりつけ歯科医より発見されています。

従って我々かかりつけ歯科医の役目はますます重要となってきています。

実際の診療でも、「口腔癌ではないか」と心配されて、時々ですが、さかの歯科にも受診されることがあります。

ほとんどの場合、口腔癌ではないことが多いのですが、この講習会で口腔癌の現状を教えていただきました。また抗がん剤治療の継続をしながら生活している方、在宅で緩和治療を受けられている方の状況も知ることができました。

明日からの臨床に役立つ口腔粘膜病変の診方や口腔癌治療の現状がわかり、とても有意義な講演会でした

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL