歯周病になりやすい人とは?

皆さんこんにちは!

さかの歯科の歯科衛生士のS.Mです(^。^)

 

寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか❄︎

最近雪が降る日もありますので足元にお気をつけください(^^)

 

さて、今回は歯周病になりやすい人についてお話したいと思います。ご自身に当てはまるかどうかみてみて下さい。

 

 

歯周病になりやすい人、なりにくい人の違いは

 

❶歯磨きの仕方

❷お口以外の環境

❸生活習慣

 

にあると言えます。

 

❶歯磨きの仕方

歯磨きが上手にできていないと歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)に汚れが溜まります。その汚れが固まってしまい歯石になります。

この歯石に歯周病菌がくっついてバイ菌の塊を作ります。

これによってどんどん歯周病が進行していきます。

 

❷お口以外の環境

患者さま自身の環境です。年齢が高いほど歯周病のリスクは高くなります。また男性より女性の方がリスクが高くなると言われています。

その原因としては妊娠中や更年期の時にホルモンが変動する為歯周病が悪化しやすいのです。

 

❸生活習慣

喫煙が歯周病に悪い影響を及ぼします。

タバコの有害物質が免疫や細胞の働きを阻害して歯周病の進行を早めます。

またタバコを吸っている方は着色(ステイン)もつきやすくなり、歯石と強固にくっついてしまいます。

 

歯周病の治療には歯石を取ることが基本となります。

歯石はご自身では取れませんので歯医者で歯石取りをする必要があります。

歯周病の進行を遅くする為にも歯医者に通うことはとても重要です。

スタッフ一同お待ちしてますのでぜひ歯石取り、クリーニングにいらしてくださいね!(^^)

 

医療法人さかの歯科
〒610-1146 京都府京都市西京区大原野西境谷町2−14-13
洛西ニュータウン 境谷センター商店街内
TEL:075-331-7070
URL:https://sakanoshika.com/
Google情報:https://g.page/r/CfLjKV1yR4GCEAE

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL