梅雨と歯の痛み

みなさん、こんにちは (≧∇≦*)

さかの歯科、歯科衛生士のC,Fです。

6月も下旬になり鬱陶しい季節がやってきました。
お天気が悪いと洗濯物の乾きも悪く気分も滅入りがちですね。

頭痛や肩こりなどお体の不調を感じておられる方も、いらっしゃるのではないでしょうか。
こんな梅雨の時期、歯に痛みを感じた事はありませんか?

原因は気圧が関係していると言われています。
高い山に登った時、ポテトチップスの袋がパンパンになったり、飛行機が離陸する時、耳がキーンとなったり・・・
これと同じような事が歯の中でもおこっています。

歯には歯髄腔という神経が入っている空洞があり、普段は外気圧と等しい状態になっています。
外気圧が下がると気圧の差に対応しきれなくなり、内側から圧がかかり痛みを感じると言われています。

この症状は健康な歯にはあまりみられない症状だそうです。

鬱陶しい梅雨の時期、歯に痛みを感じることがあったら、虫歯や歯周病の可能性があるかも知れません。

お足元の悪い日が続くと思いますが、暑い夏がやってくる前のこの時期に、ぜひ歯科医院での検診をお勧めします。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL