部分入れ歯の設計

いわゆる「部分入れ歯」の場合、その設計に頭を悩ますことは珍しくありません。理論上正しいと思われるようにしても、使ってもらえない場合があるからです。

 

以前所属していたある勉強会の主宰の先生は、部分入れ歯の正しい設計は1つしかないと主張なさっていました。確かに、噛み合せや、残っている歯の状態、ハグキの形などから考慮するとは言っても、ベストな設計と言えるものは一つであるはずというわけです。

しかし、保険の制約、患者さんの経験値から、ベターなもので妥協せざる得ない場合も多々あります。部分入れ歯については、その設計の自由度、型の採り方、材質の選定などで、保険と自費の違いが顕著にでます。

また、それまで入れ歯を使用した経験があるかないかでも、形態が変ることもあります。そういった、本来の理論とは別のところでも、設計に制限が加わってくるわけです。

うちで、入れ歯を作り直すと『前のとは形が違う』と言われることがありますが、その設計に歯科医師の考えだけが反映されるわけではないというのが、部分入れ歯なのです。

 

入れ歯の診療は、とても難しいです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL