歯周病のメンテナンス

さかの歯科では、歯周病の治療を行い、歯を支えている組織が改善するとメンテナンスに移行します。

治療中であれば、目標がはっきりしていますし、治療効果(ハグキの出血が治まる・腫れが引く)も実感しやすいので、患者さんにとっても我々歯科医療従事者にとっても、その動機付けは比較的容易に行なうことができます。

その動機付けが難しいのは、メンテナンス時に結果が良い場合です。

たとえ磨き残しがあったとしても、ハグキに炎症が起こっていなければ(当然自覚症状は全くありません)、患者さんは「そんなにムキになって磨かなくても・・・。」と思ってしまうのではないでしょうか?

更に「どうもないのにナゼ歯医者に行くの?」という疑問が湧いてくることも・・・。

そんな時、患者さんに、ふと思い出していただきたいことがあります。

それは、今現在、”何でも食べることが出来ている“ことです。

残っている歯、その歯を支えている歯周組織、が健康な状態であればこそ出来ることです。

このことを強く意識していただくことは歯周病のメンテナンスにおいてはとても重要です。

何のためにメンテナンスを行なっているのかを再確認していただくことも必要でしょう。

日々なんともないと薄れてしまう、健康のありがたさ。

食べ物を食べる時に一緒にかみ締めましょう!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL