歯のみがき方

自分ではみがけているつもりでも…

歯はとても複雑な形をしています。また歯並びによってはなかなか歯ブラシが届かないところも。自分ではしっかりみがいているつもりでも、チェックをしてみると、多くの歯にみがき残しがあります。

正しい歯みがきのための最短距離

正しい歯みがきをする上で何よりも大切なこと、それは、自分のみがきにくいところが、いったいどこなのかを正しく知ることです。歯みがきには様々な手法があります。しかし、どれも最終的な目的は「しっかりプラーク(歯こう)を落とすこと」

つまり、大切なのは自分のみがきにくい歯を知り、しっかりみがけるようにすることです。それには、まず歯科医院でしっかり指導してもらうのがもっとも近道。染め出しをすれば、みがき残しがすぐにわかります。自己流でがんばるよりも確実にプラークを落とせるようになりますよ!

いつ歯をみがけばいい?

皆さんもよくご存知の「プラーク(歯こう)」ですが、これはただの食べかすではありせん。その正体は「細菌のかたまり」
この細菌がむし歯や歯周病などを引き起こします。食後の食べかすは、およそ3 分をすぎるとプラークに変化しはじめ、むし歯の原因となる酸を出しはじめるといわれています。

そのため、歯みがきはプラークになる前の食後3 分以内がベスト!遅くとも10 分以内にはみがきたいところですね…。

こんなところがみがきにくい!ベスト3!

第1位 歯並びが悪いところ
第2位 利き手側の歯(右利きの人の右側など)
第3位 前歯の裏側