院内ツアー さかの歯科のトップページへ
TOP > 最新設備の紹介

機材紹介

万全の感染対策

万全の感染対策

万全の感染対策

万全の感染対策

痛くない注射

痛くない注射

万全の感染対策

感染対策は万全

各種滅菌対策

感染対策は万全

当院ではコップやエプロンまで、できる限り「使い捨て」を徹底しています。
使用するピンセット・ミラー・バキュームなどの基本セットや様々な医療器具は、
高圧蒸気滅菌器、超音波洗浄機、BK除菌水などの各種滅菌機器にて滅菌しています。
患者さんの感染対策に万全を期していますので、安心して治療を受けていただけます。

オートクレーブ

132度2気圧の高圧蒸気で滅菌消毒する医療機器です。すべての細菌・ウィルスを死滅させることができます。別名オートクレーブと呼ばれます

オートクレーブ

超音波洗浄機

ピンセット・ミラー・バキュームなどの基本セットや様々な器具を超音波の振動により、細かい汚れを落として、洗浄しております。洗浄液にはBK除菌水を使用しています。

超音波洗浄機

BK消毒水

BK水は次亜塩素酸とスーパーオキシドイオンの働きで、高い除菌効果を発揮します。一般細菌を始め、MRSA・緑膿菌・肝炎ウィルス、エイズウィルスなど、ほとんどすべての細菌やウィルスに有効な除菌水です。

BK消毒水

クアトロケア

むし歯を削るときに使う機械のドリルや入れ歯などを削る切削器具を、自動で洗浄・注油を行う専用の器械です。衛生的に安心して治療を受けることが出来ます。

クアトロケア

痛くない注射器

電動注射器

当院では、できるだけ痛くない治療を心がけております。 電動注射器は、痛くないように麻酔できる、最新のコンピューター制御の注射器です。麻酔液の注入速度や温度に保つことができるので、麻酔時の痛みが軽減されます。

◆無痛治療の詳細ページへ

電動注射器

体にやさしいレントゲン

デジタルレントゲン

胸のレントゲンなどと比べ、歯は面積が小さいため被爆量はほとんどありません。
その上、デジタルレントゲンを使用することにより、その被爆量をさらに約1/5程度にまで削減できます。また、デジタル操作により撮影画像を自由に拡大できるので、より詳しく診断することができます。

デジタルレントゲン

安心を提供する口腔内カメラ

口腔内カメラ

さかの歯科では、お口の中の状態を、直接患部の画像を見ていただき、安心して治療を受けていただいております。目で見える画像として口腔内CCDカメラを使ってお口の中をモニターして確認できますので、とても好評です。

口腔内カメラ

クリーンな診療室

換気システム

当院では、よりクリーンな診療室の環境を実現することが可能となりました。

口腔外バキューム

歯科医院では色々な物を「削る」作業が必要となります。歯を削るときやクリーニングのときには、粉塵をが出てきます。その粉塵を強力に吸い取ることにより、クリーンな空気環境をご提供できるように心がけています。

口腔外バキューム

口腔外バキューム

診療室と待合室に2台の空気清浄機を取り入れております。除菌イオンで細菌などを除去し、常にクリーンな空気環境をクリーンな空気環境をご提供できるように心がけています。

口腔外バキューム

充実の予防器具

さかの歯科では、歯周病やむし歯の予防に力を入れております。主なPMTCの予防器具を2種類用意させていただいております。◆PMTCの詳細ページへ

ハンディジェット

パウダーと水のスプレーを歯に当てる最新の器材です。歯の面のデコボコしたところも、きれいになります。また、やわらかいパウダーを使用しているため、歯の表面や歯肉などを傷つけません。

ハンディジェット

PMTC研磨器

クリーニングの場所に応じて使い分けながら、一本一本の歯をきれいにしていきます。先端の研磨するゴムは、とてもやわらかく痛みを感じることはありません。

PMTC研磨器

当院の医療安全管理対策

平成24年5月1日より、さかの歯科は歯科外来診療環境体制を整え、厚生労働大臣が定める厳しい施設基準をクリアしています。
つまり、院内感染予防・滅菌システム・救急時に必要な設備があり、二次医療機関(京都桂病院、三菱京都病院)との連携システムなどが整っていて、必要な講習会を受講しているという事です。

厚生労働大臣が定める施設基準とは?

AED
  1. 所定の研修を修了した常勤の歯科医師が1名以上配置されていること
  2. 歯科衛生士が1名以上配置されていること
  3. 緊急時の初期対応が可能な医療機器(AED、酸素ボンベ及び酸素マスク、血圧計、パルスオキシメーター)を設置していること
  4. 診療における偶発症等緊急時に円滑な対応ができるよう、別の保険医療機関との事前の連携体制が確保されていること
  5. 口腔内で使用する歯科医療機器等について、患者ごとの交換や、専用の機器を用いた洗浄・滅菌処理を徹底する等十分な感染症対策を講じていること
  6. 感染症患者に対する歯科診療について、ユニットの確保等を含めた診療体制を常時確保していること
  7. 歯科ユニット毎に歯牙の切削や義歯の調整、歯の被せ物の調整時等に飛散する細かな物質を吸収できるよう、歯科用吸引装置等を設置していること