食片圧入

歯と歯の間にモノが挟まることを、われわれ歯科医師の間では、専門用語で「食片圧入」といいます。

①歯と歯の接触点に挟まっている場合
②間のスキマに横から入り込んで挟まっている場合
③歯とハグキのスキマに挟まっている場合

など、様々です。

このうち、③のハグキとスキマに挟まった場合が、もっとも痛みが出やすく、ムシバ?と思っていらっしゃる方がほとんどです。

実際、噛めないほど痛い、痛み止めの薬を飲まずにいられないというくらい痛むことも時々あります。

しかし、これを完全に防ぐ方法も難しいんです。

ただ挟まった食べカスを除去すると相当楽になります。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL