日本デンタルショー2012に行ってきました。

 

昨日、大阪で開催された日本デンタルショー2012に徳島大学歯学部の同級生と一緒に参加してきました!

デンタルショーとは、歯科の材料や機材を販売している歯科材料の業者(企業)が集まって商品の展示を行い、歯科関係者がそれらを見たり、触ったりすることができるイベントのことです。
大勢の歯科関係者が集まり、入場する際には行列ができていました!
歯科の機材には大きなものが多く、また新しいものがすぐに発売されるため、販売している業者が小さなものならともかく、それらを各歯科医院に紹介しにもってきてもらうことができないため、全国各地の大きな会場で、歯科関係者が集まり購入検討するため、定期的に開催されています。
展示してあるものはさまざまで歯科の診療台、レントゲンの機械、治療の道具、そのほかにも、いろいろなものが展示されています。
様々な製品がありますが、毎年新しい技術が導入されており、昔では抜かなければならなかった歯やかなり削らなければならなかった歯の保存も可能になってきているため、新しい治療法の習得には、日々の勉強の大切さを毎回感じずにはいられません。
また来年も参加し良い刺激を受けてきたいと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL