麻酔が効きにくい歯があることを知っていますか?

さかの歯科では、麻酔をする時はいつも、注射をする前に表面麻酔を塗っています。

そして歯科用で1番細い針(33G)を使い、電動注射器で弱い力で時間をかけ、ゆっくり麻酔しています。そうするにより、麻酔する際の痛みが軽減し、なるべく痛みの少ない治療ができます。

ただし部位によっては、麻酔がききにくい歯があります。
その歯はどこでしょうか?

それは下の奥の歯です。

通常の麻酔では、効きがゆるいときがあるので、そういった場合には歯肉と歯の間の歯根膜に注射をします。そうすればほとんどの場合麻酔が効きます。

ただし歯根膜注射では、軽い歯根膜炎を起こす場合があります。

軽い歯根膜炎とは、麻酔がきれてから、軽い痛み・歯がういた感じ・かむと痛みがある場合がありますが、一時的ですので、ご安心ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL