親知らずのお手入れ

最もお手入れが困難な歯はどこでしょうか?

それは、親知らずです。

ただでさえ隅々まで磨くのは困難な口の中ですが、さらに悪条件がそろっています。

歯がハグキに覆われている、横を向いている、そのうえ歯ブラシの入るスペースが無い、などなど・・・・。

一般的なお手入れ方法が通用しない歯と思います。

人それぞれ条件が異なりますので、歯医者さんで個別の指導を受けることが、お手入れが上手になる近道だと思います。

補助的な道具を用いてお手入れができれば、まだましな方です。

補助的な道具も届かない時も結構ありますので、その場合は、歯医者さんで掃除をしてもらうしかありません。

お手入れのために毎日歯医者さんに通う・・・これは非現実的ですよね。

だから、周囲のハグキが炎症を起こしたり、ムシ歯ができるなどの病気が起こる場合は、抜歯ということになるわけなんです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL