舌苔が口臭の原因に

今回は、以前ドクターブログでお話しした『口臭の分類』 の続編です。

 

舌の表面には白色や淡黄色の苔のようなものが付いているのに気がつきます。

これは舌苔といい、細菌の死骸や新陳代謝によってはがれた粘膜上皮の細胞、血球成分、食物残渣などからできています。

舌苔は嫌気性細菌によって分解されると、口臭の原因である揮発性硫黄化合物を発生します。
うがいをするだけでは舌苔を取り除くことはできません。

口臭関係の本では舌ブラシで除去することをすすめているようです。

 

ところが、この舌ブラシによる掃除には落とし穴があります。一日に何回も磨いたり、力を入れて強く磨くと、味を感じる味蕾を傷つけてしまいます。また、過度にやりすぎると、舌の表面が硬く肥厚してくることがあります。

 

このように舌ブラシによる掃除はかえって害になってしまうことも多いので、慎重に行うことが必要です。害のほうが多いので舌ブラシによる掃除は必要ないという説もあるくらいです。

 

そこで私の考えはどうかといわれれば、舌ブラシを使った舌の掃除には反対です。

 

ブラシではなく、口蓋(口の中の上あごの天井)に舌をなすりつけて舌苔をとることを勧めます。ブラシの清掃効果には負けますが、舌に障害を与えることなくに舌苔をとることができます。

 

正常な人にも舌苔はありますし、ある程度の舌苔は、口腔の機能を正常に営むために必要なものです。舌苔についてはあまり神経質になることはないと思います。

 

以前のドクターブログの『お口のケアグッズ考(舌ブラシ編) 』もご参考下さい。私の考えを詳しく書いています。

次回につづく

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL