自腹診療

自費診療と保険診療との違いは、何でしょうか?

かぶせものやつめものの素材が違うこと?またはインプラントやホワイトニングの治療のこと?

患者さんには、素材の違いと考えておられるように思いますがいかがですか?

実際の診療内容の中では、保険診療ではできないところがたくさんあります。

実例ですが、仮歯をいれて、歯の根っこの治療の予後を診たい時があります。これは、歯の素材をプラスチックで作ることもありますが、金属で作ることもあります。

つまり、本当に歯を抜歯せずに残せるか、残せないかは、仮歯をいれて噛む圧力をかけてみないと判断できないときなどに使います。

ただ、結果として歯を残せないことになると、仮歯の手間つまりその代金を患者さんに請求できません。つまり、完全、自腹ということになります。

患者さんにはこんなことを細かく言いませんが(なんだか言うと、恩着せがましくなりそうな感じがするので)、ハッキリ言って、痛い出費なんですよ。

一例を挙げましたが、治療過程で全部保険でできないという場合って、ときどきあります(^^;患者さんが喜んでくれれば、それはそれで報われるんですが・・・。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL