竹の里小学校の歯磨き巡回指導に、行ってきました。

歯磨き巡回指導とは、歯科医師会と学校教育委員会が協力して、子どもたちのむし歯予防の意識向上と正しい歯の磨き方を体得してもらうために毎年行っております。

毎年、小学校の3年生の歯磨き巡回指導を行っております。

3年生では、混合歯列期といって、永久歯と乳歯が混在する歯列期で、その永久歯を虫歯にしないように大切な時期です。

今回は、教室で歯磨き巡回指導を歯科衛生士と共に行いました。

「今日の朝、歯ブラシをした人、手をあげてください。」
「ハ-イ」みんな大きな声で、手をあげます。
「では、どうして歯ブラシをしますか?」
「歯をみがいて、虫歯菌をなくして、虫歯にならないようにするためです。」
素晴らしい答えが返ってきました。
その後、歯ブラシの持ち方、歯磨きの仕方などを教えて、その後子供たち自身で、歯磨きをしてもらいました。
今日学習したことを、毎日続けてもらいたいですね。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL