病的口臭

今回も、以前ドクターブログでお話しした『口臭の分類』 の続編です。

 

病的口臭の原因の90%以上、口の中の病気や汚れが原因で発生します。

本人には自覚がないことが多く、家族などに指摘を受けやすいタイプです。

 

1. 口腔由来のもの:口腔疾患由来

①歯周病が原因となって起こる口臭。

進行した歯周病では大量の腐敗菌(嫌気性菌)が存在し、強い匂 いが

発生します

②むし歯が原因となって起こる口臭。

進行したむし歯があると、食べカスがたまり、腐敗菌(嫌気性菌)が繁殖する

ためです。

③歯垢・歯石が原因となって起こる口臭。

歯垢・歯石は腐敗菌(嫌気性菌)の住みかです。

④清掃不良の入れ歯が原因となって起こる口臭。

義歯(入れ歯)の清掃が悪いと、特有の臭いがすることがあります。

⑤舌苔などが原因となって起こる口臭。

舌苔は、腐敗菌(嫌気性菌)によって分解されると、口臭の原因である

揮発性硫黄化合物を発生します。

これらは一般的な歯科医院で改善できます。

 

2.全身由来のもの:全身疾患由来

全身的病気によるもの・・・慢性鼻炎、蓄膿症、慢性気管支炎、糖尿病、腎不全

肝機能障害、などにより起こります。

各専門の診療科を受診し、治療を受けることで改善されます。

 

次回につづく

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL