母子分離2

子どもさんの歯科治療の際に、保護者を同室してもらうかどうかは、意見の分かれるところだと思います。

以前の小児歯科治療は、基本的に保護者同室という所が多かったと思われます。

これは、保護者の目の前で処置をすることにより、処置の内容がオープンになり、保護者に安心してもらえるのでは?と、考えてられていたからです。

しかし、最近の小児歯科治療では、保護者同室はむしろ害が多いので、母子分離での歯科治療を行っているところが多いといわれてます。

歯科治療は、大人でもコワイですよね。
小さいお子さんなら、最初は、泣きたり、あばれたりすることも珍しくありません。

しかし、保護者同室でなかなか歯科治療に入れない子どもも、母子分離をすると、意外にきちんとできることが多いのです。

そして、がんばれるようになると、歯を磨くことにも積極的になってくれます。

むしろ、最初に手こずったお子さんほど、そういった傾向があると感じています。

自分の健康は、最終的には自分の責任です。
責任を自覚する自立のためには、保護者が同室することは、自立の妨げになると、考えております。

もちろん、最初からではなく、ある程度慣れてからですが。。。。。

そして、自信をつけたお子さんが、大きな口をあけて頑張っている姿をみると、本当に可愛らしいですね。
「絶対きっちり治すぞ」と、こちらも気合が入ります。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL