歯周病(歯槽膿漏)のその他の原因。。。

歯周病の発症と進行における細菌因子・宿主因子・環境因子

 

1.細菌因子・・・歯周ポケットに存在するプラークという、細菌の固まりのなかには多くの細菌が住んでいます。歯周病菌もその中に存在し、炎症を引き起こします。

また、細菌は生体の防御機構に対抗する為に、バイオフィルムという薄い膜を形成します。

様々な細菌が協力しあい、バイオフィルムの内部でスクラムを組んでいます。

リンパ球や白血球が、バイオフィルム内の歯周病菌をやっつけたくても抵抗され、完全に排除することができません。

そのため、お口の中にバイオフィルムが多いと、歯周病菌がさらに増えて、病状が進行していきます。

2.宿主因子・・・全身疾患の有無や、生体の防御機構が弱い、遺伝因子などの関連性

3.環境因子・・・喫煙、ストレス、食生活などの関連性

これら3つの要因がお互いに影響しあって、発症、進行すると考えられます。

 

「臨床歯周病学」医歯薬出版より引用

次回につづく

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL