歯周病菌を減らすには。。。

歯周病(歯槽膿漏)の進行を止めるカギは、歯周病菌を減らすことにありますが、最も確実で簡単な方法は、ご存じのように歯垢・歯石の除去、プラークコントロールでしょう。

 

歯周病(歯槽膿漏)の進行を止めるカギは、歯周病菌を減らすことにありますが、最も確実で簡単な方法は、ご存じのようにバイオフィルムの除去、プラークコントロールでしょう。

プラークには、古い物と新しい物があり、プラークの染めだし剤を使用すると、赤色と紫色にて区別されます。新しいプラークは比較的除去しやすく、古いプラークはネバリがあり、なかなか除去できません。歯科専用の機械やクリームを使用し、歯科医院のスタッフと患者さんの連携を持って、二人三脚でのコントロールが必要となります。

プラークの状態を詳しく診査、診断し、個人に適したプラーク・コントロール・プログラムを立てて、指導や治療にあたります。

いわゆるオーダーメイドの治療です。

歯と歯周組織に関与する細菌の生態系(エコシステム)を、ゾーン1~4に分類します。

歯周炎の危険因子はこのゾーン2、3、4の生態系に直接的、間接的にさまざまな影響を及ぼします。

 

歯肉縁上プラーク(バイオフィルム)

ゾーン1 齲蝕や歯肉炎の発症に関係

 

歯肉縁下プラーク(バイオフィルム)

ゾーン2 付着性プラーク
歯肉炎の場合の縁上プラークと類似(レンサ球菌、放線菌)

ゾーン3 非付着性プラーク
大部分は、グラム陰性の嫌気性菌 (グラム陰性球菌、スピロヘータ)
歯周炎の進行に重要な役割

ゾーン4 侵入性プラーク(運動性桿菌、スピロヘータ)
結合組織や歯槽骨内に侵入した細菌
この領域では器械的な治療だけでは取り除くこと
ができないので、全身的な抗生物質の投与が必要

次回につづく

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL