歯周病の進行を止めるには。。。

歯周病(歯槽膿漏)の進行を停止、遅らせるためには、プラークの除去に努めプラーク・コントロールを患者さんと私たちスタッフとの連携で行い、歯周病原菌を少なくすることが大切になります。
また、患者さんの局所的、全身的な危険因子ををコントロール、改善することによって、生体の免疫力を強めることも必要です。

 

毎日の生活の中で生活習慣の改善や、ストレスの少ない生活環境をつくることも大切です。

ストレスが多いと唾液の分泌量が減少し、その結果、唾液中の免疫物質S-IgAが十分働かなくなり、歯ぐきの炎症を引き起こしやすくなります。

十分な唾液の分泌は、虫歯や歯周病の予防に重要な役割を果たし、口腔の健康の維持増進に大きく影響します。 これは食物の消化にも関与するため、ひいては胃腸の健康管理にもつながります。

S-IgAは口腔という局所免疫に関与していますが、全身的な免疫システムが生体の防御という役割を担っているのです。

次回につづく

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL