歯周病の治療(その3)

現代は情報社会ですが、「歯周病を治す」というフレーズでいろんな情報があると思います。

例えば、
「○○が歯周病によく効く」
「歯磨き粉ならこれ」
「歯肉に塩が良い」
などいろんな情報があると思います。

もちろん患者さんご自身が気に入られたものを、「補助的」「適度」に使われても、良いとは思います。

つまり、「きれいに歯垢(プラーク)を取り除けた上で、お気に入りの歯磨き粉を使う」のであれば、良いという意味です。

また、歯医者さんには、歯科医院専用の歯周病のうがい薬や歯磨き剤を販売しているところがあるので、説明を受けて使われると歯周病治療の効果がさらに上がると思います。

初期治療が終了したら、さかんぼ歯科では、定期メインテナンスで歯周病治療の効果を維持するようにしています。

「車検感覚(間隔)」よりも「理容院・美容院感覚(間隔)」での来院をお勧めしています。

その方が、長い目で見るととても効果大です!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL