歯周病の治療(その2)

「歯周病の治療」の基本は、実は単純なものです。

1、歯垢(プラーク)を取り除くこと
歯垢(プラーク)は、毎日口の中で増え続けます。これをきれいに取り除くことが、歯周病の一番の治療となります。
その歯垢(プラーク)を取り除くために、毎日歯医者さんに通院することは不可能だと思いますので、ご自身の毎日のブラッシングがたいへん大切となりますし、そのフォローとして歯医者さんをうまく利用していただければよいと思います。

2、歯石を取ること
歯石をきれいに取り除くことは、歯科衛生士の専門業務となります。

歯科衛生士は国家資格を有する職業となります。そして歯科衛生士の養成学校で3年間教育を受けていますが、学校卒後も学習を続けて、より正確な施術ができるように、さかの歯科では努めております。

歯石を除去することが、歯周治療の予後を左右するという自覚をもって、さかの歯科の歯科衛生士は日々がんばっています。

もちろん痛みをできるだけ少なくできるように心掛けています。そしてできるだけ苦痛を与えないようにしています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL