歯周病の治療(その1) 

歯周病とは、歯肉に炎症を起こり、歯を支えてる骨(歯槽骨)がとけて歯が動いてしまう病気のことをいいます。

歯肉だけに炎症が限局されている場合は、ブラッシングをしっかりするだけで、簡単によくな利ます。

その際、歯石がついていても、ほとんどが歯肉縁上の目で見えるところなので、取り除くのにはそう時間はかかりません。

ところが、歯周病が進行している場合は、歯石は歯肉縁下の歯肉の奥深くまでついているので、歯石を取り除くには時間と回数がかかります。

歯周病は、プラーク(歯垢)中にある十数種類の細菌が原因です。

そして歯石とは、歯垢がに唾液中のカルシウムなどが沈着して固まったものです。

また歯石があると歯垢がつきやすくなります。歯石は、健康な歯には元々ないものなので「余計なもの」です!

とにかく歯石をきれいに取り除くことが、歯周病の基本治療とされています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL