歯医者の仕事

歯医者の基本的な仕事は、ムシバを削ってつめる、そして被せるための型を採る。

そして、模型を作り、その模型を技工士さんに渡し、できあがった補綴物を患者さんの歯に装着する。

この流れの治療が多いんですよね。テーブル一杯に並んでいることがあり、それを見ると愕然とすることがあります。

歯医者の仕事で大切なことは、歯を永続的に使えるようにすることだと思っています。

そのために、できるだけ削らず、最小限の処置で済ますことが大切と思っているのですが、型を採るということは、それだけ歯を削ったということになりますよね。

つまり、私がこの手で患者さんの歯を減らしているということですよね。

時々こんなことを考えてしまいます。

もちろん、そうしなければさらに歯が悪化するからこそするのですが、空恐ろしく感じることもあります。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL