歯みがき指導は毎回必要

さかの歯科で歯周病の治療を行なう場合や、健診を行なう場合は、必ずブラッシング指導を行います。

健診で何度もいらっしゃっている患者さんは、いつものブラッシングですねと言う感じで恒例に思っていただけていることと,思います。

先日、ある方からこんな言葉をいただきました。

「先生の病院ではよく歯みがきの仕方を教えてくれますよね。以前通っていたところでは無かったことですよ。いつも丁寧に教えていただけて良いです。自分では磨き残しが分かりませんから。」

さかの歯科では、歯周病の治療、予防に不可欠なブラッシングにかなり重きを置いているので、どうしても回数や時間をかけるのです。

しかし、患者さんの中には「また歯磨き指導ですか?」と冗談とも本気とも取れる反応を示される方もいらっしゃいます。自分の口を良い状態に保ちたいというやる気が無ければ、ブラッシング指導は歯みがきをやらされる苦痛の時間となってしまいます。

コーチングが機能するのは、やる気のある場合です。その気のないヒトにコーチングを施しても効果が出ないと言われています。

そのあたりの見極めも我々に要求されるスキルだと思いますが、気づいていただけるようお話、説明するのみです。

また、先の患者さんのように自分の口の中がどうありたいか、イメージできている人は容易にそこへ向かうことが出来ます。そして、更に良く、更に更に・・・と我々の指導にも熱が入るのです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL