歯の治療を途中でやめると

いろいろな事情があるとは思うのですが、歯の治療を中断してしまうことは、患者さんにとっては将来的にかなりマイナスになります。

特に一番多いと思われるのが、歯が痛くて神経を取った後、痛みが無くなったということで、来院しなくなるというパターンです。

ほとんどの場合、何ヶ月経つと再び痛くなり、又は歯ぐきが腫れてきて、再受診されます。

その時は、根の先に膿がたまっていることが多く、その膿を治療しなければならないということになります。

この膿の治療は、かなりやっかいで大変なものです。

治療の期間的な負担も大きくなります。

また非常に予後も悪いケースがほとんどです。

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL