歯に白い斑点があるのですが?。。。

歯が萌出した直後でも、歯の表面に白い斑点が見られることがあります。

食事のあとは、口腔内は酸性に傾きます。そして歯の表面からカルシウムやリン酸などが溶け出してしまい、この斑点ができます。これは脱灰といって、別の言い方をすれば、ごくごく初期の虫歯とも言えます。

しかしすぐにこれを削って詰めると必要はありません。なぜなら、再石灰化といって口の中のだ液によって自然の修復作業があるからです。

また歯の専門知識で、お話しましたが、フッ素はこの再石灰化の修復作業を促進する作用があります。

ただ、この「脱灰」のスピードに「再石灰化」が追いつかない場合、ほんとうの虫歯になってしまいます。ということは脱灰の頻度と時間をなるべく少なくして、再石灰化の時間が多くとれるようにすればいいわけです。

そのためにはおやつ(間食)の回数を少なくすることがとても大切です。間食は10時や3時のおやつだけにして、そしてダラダラ食いをやめることが必要です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL