摂食障害(拒食症)と歯

摂食障害(拒食症)の方には、嘔吐を繰り返しているといわれています。

そして、嘔吐を繰り返していると、歯の表面のエナメル質が溶けてしまいます。

これは、吐いた物の中に胃酸が多量に混じっているためです。

 

 

そうすると、酸(胃酸)が歯の表面を溶かして、歯の表面がボソボソになります。そして歯と歯の間が広くなってすき間ができて、歯の詰め物やかぶせ物が脱離したりします。

対策としては、なによりまず吐いたら口を水ですすぐことです。
そして可能であれば、歯を磨くことです。

そうすると、歯の表面に付いた胃酸を洗い流すことができます。

嘔吐物が歯をいためるということは、盲点かもしれませんね。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL