子供の歯科治療の考え方

子どもさんの歯科治療時に、できるだけ保護者の同室はお断りしてを子供さん一人でがんばってもらうのが、さかの歯科の小児歯科治療の原則です。

そして、基本的に無理強いはしないことが大切と考えています。。
もし、いやがった場合には、「諭す」ことにしています。

歯科の治療が好きなんて子はおそらくいませんよね。
ただし、自分の意思で頑張って治療するのと、周囲に言われていやいやの気持ちで頑張るのは、あとになって大きな差がでると考えています。

歯科の治療の最初に、ムシバを治したらどういう良いことが待っているか、ムシバを治さなかったらどんな悪いことが待っているか、の話をします(言い方には気を遣いますが)。

話を聴いて素直にできる子は良いのですが、なかなかできない子もいます。そういった場合、しばらく診療チェアーに座らせて放っておきます。

この考える時間がとても大切だと、最近感じています。

あまり周囲から説得にかかるのは、むしろ逆効果のことが多いです。。
そしてその場に保護者がいると、保護者の説教が始まったり(すみません!)、甘えて考えなかったりと結論がなかなかでません。

ほとんどの子は、しばらくすると自分から頑張ると言い出します。
そして、自分の意思で頑張った子は、みるみるできるようになりますし、ハブラシも上手になっていきます。

私は、
自分で言った以上、その言葉に責任を持つという姿勢が大切ということ。
そして、自分が頑張らないかぎり、誰も助けてあげることはできないということ。
を子どもさんに伝えたいと思っています。

人間は、自分の心の声にしか従わないと言われますが、子どもさんの意思決定のプロセスを見ていると、まさにそう思いますね。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL