型を取る粘土みたいなものって何?  

型を取る粘土みたいなものは、石膏ですかというか?という質問が時々あります。

 

50%正解で、50%不正解!

 

我々は一般的にアルジネート印象材という呼び名で呼んでいます。

 

①アルギン酸ナトリウム:海藻に含まれる多糖類(ぬるぬる&ねばねば)

 

②硫酸カルシウム:石膏

 

ごく簡単に言うと、この二つを水で練り合わせると硬化反応がおこります。硬化する前に型をとりたい部位に圧接して固まったところで撤去すると型がとれているのです。

 

硬化と言ってもガチガチに硬く固まるというわけではなく、弾性を持った状態で固まります(柔らかいゴムのような状態)。

 

外す際に広がる性質が無いと、くぼみにはまり込んだら最後、外れなくなってしまう事態に・・・。

 

ちなみに特殊メイクの現場でも、この材料が使われています。俳優さんの顔型や手形・足形をとって石膏模型を作りその模型上でパーツを作ると俳優さんの顔や体にぴったりフィットするものが出来上がるというわけです。

 

歯科分野で用いられるものは、特に細部を精密に再現する性質が求められます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL