喜びと感謝の気持ち

先日歯周治療を開始した患者さんから、さかの歯科の歯科衛生士に喜びのお言葉をいただきました。

歯石除去を担当する歯科衛生士にとって、
「こんなに丁寧に歯石を取ってもらったことはない!」
と喜びと感謝の言葉を患者さんよりいただけると、とてもうれしいとのことです。

重度の歯周病の歯肉ポケットの奥には、たくさんの歯石がたくさんついています。

歯周治療を成功させるためには、歯肉の上の肉眼で見える歯石だけではなく、歯肉の中の肉眼で見えない歯石をいかに丁寧に取り除くことが大切です。

私も、患者さんから喜びの声をいただけると、本当にうれしいです。

先日も初診でお越しになった患者さんから、診療が終わった後
「ぴったり合ってる、念を入れてくださった」
満足されたご様子をみて、私自身も本当にうれしかったです。

その方は総入れ歯の方で、とりあえず痛いところだけ応急的に調整してほしい・・・と治療を開始しました。
応急にといっても、それなりに時間は必要です。

「念を入れてくださった」という言葉をいただき、、こちらの方も感謝感謝なのです。

患者さんを見習って、私ももっともっと感謝や喜びの気持ちを素直に伝えられるようにしたい・・・と思っています!
(これがなかなかできませんが。。。。。)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL