可能性の問題

「フッ素塗布って、した方が良いんでしょうか?」

歯医者をして、よく質問される項目の一つですね。

「フッ素塗布した方が良いのか?」と質問されたら、「フッ素塗布した方が良い」としか答えようがありませんが、「本当に必要なのでしょうか?」と質問されると、答えはないのではと思っています。(患者さんにも、そうお話しています)。

予防行為が定着しにくいない理由の一つとしてに、その予防効果があったかどうかの評価が難しいということがあると思います。

ムシバ予防で言えば、フッ素塗布をしたのでムシバができなかったと断言できるのか?ということです。

ただ、フッ素塗することによるムシバ予防効果は、周知のことですし、フッ素塗布をした方が、ムシバができる可能性を低くすることはできます。

もともとムシバになりにくい歯質の人もいます。
それに、食生活が良いので、(ムシバが)できなかったのか?
また、ブラッシングが上手なので、(ムシバが)できなかったのか?

要するに、可能性の問題と思います。

若いお母さん方のフッ素塗布にかける期待があまりに大きすぎるのと、その誤解が気になるので、今回あえて取り上げてみました。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL