口臭の分類

今日から口臭について、連載をしていきたいと思います。

 

口臭に対して、適切に対処するためには、口臭の分類を知っておくことが役に立ちます。

1. 真性口臭症
a.,生理的口臭
 他人に言われることがあり、自分でも口臭に気付くことがあるタイプです。

b. 病的口臭
本人には自覚がないことが多く、家族などに指摘を受けやすいタイプです。

(1) 口腔由来のもの:口腔疾患由来

①歯周病が原因となって起こる口臭。

②むし歯が原因となって起こる口臭。

③歯垢・歯石が原因となって起こる口臭。

④清掃不良の入れ歯が原因となって起こる口臭。

⑤舌苔などが原因となって起こる口臭。
(2) 全身由来のもの:全身疾患由来

胃などの消化器疾患、慢性鼻炎、蓄膿症、慢性気管支炎、糖尿病、

腎臓病、尿毒症、肝機能障害、などがあります。

2. 仮性口臭症
「すれ違う人達が皆顔をそむける、これは自分が口臭があるせいではないか」と、

本当は口臭がしないのに、自分で自分を心配するタイプ。

自臭症(自己臭症)と呼ばれることがあります。

3. 口臭恐怖症
「鼻をこする」「鼻をすする」「鼻をつまむ」「咳き込む」といった他人のしぐさに非常

に 敏感になって、自分の口臭を極度に恐れ、心配する症状。

4.外因性の口臭

        タバコ・アルコール・にんにくなどのニオイの強いものを口にしたことで起きる

「当たり前の口臭」というものもあります。

 

次回につづく

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL