全身疾患由来の口臭

今回も、以前ドクターブログでお話しした『口臭の分類』 の続編です。

 

全身的病気によるものとして、次のようなものがあります。

 

● 呼吸器系疾患
慢性鼻炎、気管支炎、気管支拡張症、肺化膿症、肺壊ソ、肺結核

● 耳鼻咽喉科疾患
萎縮性鼻炎、臭鼻症、副鼻腔炎、咽頭炎、喉頭炎、扁桃 腺感染
呼吸器系で特に慢性化膿性炎症がある場合には、主に嫌気性菌による代謝産物として臭気性物質が産生され、膿により口臭はさらに強まる。

 

● 糖尿病
ケトン臭(果物臭)が認められることが多いが、血糖値が十分コントロールされている場合は認められない。辺縁性歯周炎等の口腔病変を併発している場合が多い。

● 腎疾患
尿毒症でアンモニア臭。

 

● 肝疾患
メチルメルカプタン、プロピオン酸等の有臭物質が認められるが、いわ ゆる肝性口臭(甘く、カビ臭いアミン臭)や胆汁臭がする。

● 胃腸疾患
食道疾患、慢性胃炎、胃拡張、便秘、大腸ガン
食道や胃に食物が滞り腐敗が起こる場合に口臭を認めることがあるが、比較的少ない。
便秘ではアンモニア臭が認められることがある。
大腸ガンではインドール、スカトール糞臭。

● 白血病
硫化メチル臭。

 

次回につづく

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL