入れ歯をなくした

義歯(入れ歯)をなくしてまったといって来院される方が、時々さかの歯科にも来院されます。

義歯をなくす原因で多いのが、ティッシュにくるんで保管していて、それを家族の人がゴミと間違えて捨ててしまった、というものです。

どうしても義歯というのは人の目にさらしたくないという心理があり、ティッシュなどにくるんで置いておくことがあるようです。

では、どうしたら紛失を防げるのでしょうか?

専用の「義歯保管ケース」に入れておくのがいいのではないかと思います。義歯専用のケースも市販されています。
このケースは義歯洗浄液に浸すことももちろんできますから、とても重宝します。
使わない時は必ずケースに入れておく習慣をつければ紛失ということはかなり防げると思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL