入れ歯の機能性とルックスの両立を目指す 

私の得意な診療分野のひとつが入れ歯です。大学を卒業して、補綴科に入局したおかげだと思っています。

なかなか難しい診療分野ですが、だからこそ常にチャレンジと思っています。

 

ところで、総入れ歯はとても難しいのですが、そのひとつに「見た目をどうするか?」があります。
ムシバが原因で抜歯された場合、顎堤といわれる顎の形態はそれほど大きく変化しません。
しかし、歯周病が原因で抜歯された場合は、顎堤の形態は、大きく変化する傾向にあります。(つまり大きくなくなるということです。)

 

そうなると、患者さんのもともとの歯並びを再現する義歯を作ることが困難になることもあります。

第一優先は、痛くなく食事できることですが、やはりルックスも大切ですよね。

ところが、顎堤の形態が悪い場合は、痛くなく食事できるという機能を優先すると、見た目の美しさが両立しない歯並びになるときがあります。このような場合、患者さんの満足を得ることが難しくなります。

技工士さんの腕に頼ることが多い義歯でも、こうなるとこちらの腕のみせどころとなります。。

そんなとき、今までの入れ歯を得意としてきた歯科医師としての経験が左右される時だと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL