中高年の方の歯の根元の虫歯について(その1)。。。

中高年によくみられる歯の根元にできる虫歯について、ご存知でしょうか?

これは、歯科医師にとってやや治療しにくい虫歯といえます。

通常の歯冠部にできる虫歯は、表面から内側に向かって進んでいくので、悪いところを切削するときも比較的やりやすいし、詰めることもやりやすいです。

ところが根元にできる虫歯は歯と歯ぐきの境目にそって横に進行していきます。場合によっては歯のまわりをぐるっと囲むように虫歯になってしまうこともあります。

さらに、場合によっては歯ぐきの下の方まで虫歯がいってしまっていることもあります。

こうなると、悪いところを切削するのも詰めるのもかなり難易度が増します。

ただ、昔は象牙質によく接着する材料がなかったので根元の虫歯に詰めること自体が大変だったのですが、現在は象牙質にも接着する材料が開発されていますので、昔ほどは苦労せずに詰めることができるようになりました。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL