不出来の原因は?  

補綴物(ほてつぶつ)って何を意味するかご存知でしょうか?

それは、歯を削ったところに、つめたりかぶせたりする「モノ」を総称して補綴物(ほてつぶつ)といいます。

歯型を採って、石膏を流しこみ、模型を製作するところまでが歯科医院の範囲となります。

そこから技工士さんに模型を渡し、模型調整、補綴物制作が技工士さんの範囲となります。

ただ残念なことなのですが、ほんの1%以下の確率ですが、この補綴物がうまく合わず、再製作しなければならない時があります。

そういった際には、再度歯型を採り直し、作り直しをします。

ここでいつも問題になるのが、この不出来の原因は歯科医師サイドにあるのか?歯科技工士サイドにあるのか?という点ですね。

歯科医師によって様々な考え方があり、一概にこういう考えが正解というのはありませんが、うちでは原則私の責任と考えています。

その確率を少なくすることもとっても大切なところだと考えています。

とても難しいのですが・・・・・・・

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL