上顎洞底挙上術のインプラントの講習会に行ってきました。

6月16日に、上顎洞底拳上術のインプラントの講習会に行ってきました。
現在、上顎洞(副鼻腔)に関連したインプラント治療が再生療法を取り入れることで、進歩が著しい分野と言われています。

インプラント治療のトラブルの約30%は、上顎に関連していることが過去3年の統計で、発表されています。

この講習会では、講師の先生が経験したlateral approach sinus lift 300症例を検証し、

1.どのようなトラブルが発生しているか?
2.トラブルの原因は何なのか?
3.さらにそれらのトラブルを防止するにはどうしたらよいのか?
など様々な症例を紹介してしながら検証していただきました。

わたしは、インプラント治療を行う歯科医師として、上顎洞(副鼻腔)についても、より深大きな知識と深い知識も持たなければならないと思っています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL