一定の空間の存在

集中していると口元に力が入ってしまう方が時々いらっしゃいます。

実は、無意識の時には、口のなかの上下の奥歯の間には、2mm程度の隙間が空いていて、奥歯同志が当たっていないのが通常です。

ただし、時々無意識の時に、その隙間がない方がいらっしゃいます。

無口の方やよく噛みしめている方(無意識に奥歯で咬んでいる方)は要注意といわれています。

そういった方は、息がこもるために口臭の原因にもあります。噛みしめていますと、歯ぎしりの症状が出てきたり、顎関節症の原因になることもあります。

「こわばっているな」と感じた時は、奥歯同士が当たっているときが多いので、唇を閉め、息を吹き込んでください。そうしてほっぺを膨らませ、口元にかかる緊張がとけてきます。

口元にも「ノビ」が必要ですので、口元の過緊張をとることによって、リラックスさせることです。

口の中では、一定の空間の存在(オーラルキャビティー)が必要なのです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL