ブリッジの掃除

歯の無いところに人工の歯を作る方法で、ブリッジというものがあります。

欠損した歯の両隣に健全な歯が残っている場合に選択できる方法です。

両隣の健全な歯に冠をかぶせて、それらをつなぐことで連続した人工の歯が出来るわけです。

この方法は、固定式で歯を入れた際の違和感も少なく、食べ物を咬む場合も周囲の歯と同じように咬みごたえを感じることができ、取り外し式の入れ歯よりも優れた方法です。

ただ、ハグキの上に人工の歯が乗るわけですが、掃除がしにくいのが難点です。
入れ歯のように取り外しが出来ないため、ハグキと人工歯の間に歯垢がたまりやすいのです。

そして、たまった歯垢が取り除きにくいんですね。
悪い条件が重なると、そこに炎症が起こってしまうことも・・・。

普段のお手入れについては、歯ブラシだけでは役不足のことが多く、フロス(掃除用の糸)や歯間ブラシを併用する必要があります。

あとは、定期健診でチェックしておけば安心でしょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL