ガルバニー電流

ガルバニー電流とは、つめものやかぶせ物の金属が異種金属の時には、唾液が電解質となり、電位差が発生して、電流が流れてしまうことをいいます。

つまり、お口の中に電池ができてしまうということです。

そして、このガルバニー電流により、疼痛や違和感を感じたり、金属の味を生む事があります。

アルミホイルを噛んでピリッと電気が走った経験はありませんか?またスプーンやフォークが金属のかぶせ物に当たって違和感というか嫌な感じがしたことはありませんか?

これが、ガルバニー電流です。

木やプラスチックのスプーンやフォークでは、ガルバニー電流は発生しません。

また、歯のつめ物やかぶせ物が異種金属の場合でも、このガルバニー電流が発生することがあります。

この場合は一方の金属に統一すれば、解決します。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL