インプラント処置、こんな時どうする

7月13日に、インプラント治療の第一人者の林揚春先生の、【インプラント処置、こんな時どうする】と題した講習会に行ってきました。

日々の臨床では、様々な疑問を感じることも多いのですが、林揚春先生ご自身の様々な臨床例を題材としたこの講演会にて、私自身のインプラント治療のlevelアップができたのかな?と思います。

今回の講習会では、主に以下の内容の題目でした。

●抜歯即時埋入が上手くいかない、
●演者がする抜歯即時埋入の適応症、非適応症。
●審美領域のインプラント処置に自信が持てない。
●インプラント埋入後、上顎洞炎になってしまった。
●上顎洞挙上は 歯槽頂アプローチ? 側方アプローチ?
●インプラント周囲炎の対処が解らない。
●エステティックスリーブの使い方。

今週の土曜日にもインプラント治療を予定しています。

この講習会にて、新たな視点・視野で、もっと安全かつ、成功率の高いインプラント技術の獲得をしていきたいと思っています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL