お口のケアグッズ考(ハミガキ粉編)

ハブラシと並んで、多くの質問を受けるのが、「どのハミガキ粉が良いの?」です。

そもそも、ムシ歯にしても歯周病にしても、その原因はプラーク(歯垢)を構成している細菌です。

病気を予防したり治療したりするためには、原因を除去することが必要ですよね。つまり、ムシ歯や歯周病を抑えるには、プラークをしっかり除去すること、すなわち、ハミガキをきちんとすることが大前提となります。

確かに、CMなどで宣伝している成分は多少効果はあるでしょう。

 

たとえば、トラネキサム酸は、止血剤です。ハミガキで出血が気になる方などには、一時的には効くでしょう。しかし、根本的な解決にはなりません。どちらかというと、処方箋で出すお薬類と違って、誰でも購入できるような製品には、効果が顕著に出るよりも、副作用がでないようにすることが優先されますから、その効果は大したことはありません。

 

どうせハミガキ粉を購入するのならば、効果のあるものを、というお気持ちは解りますが、どんな製品を使ったところで、大切なことは、しっかりプラークが落とせているということが前提であることを、お忘れにならないでほしいと、思います。

 

すなわち、「どのハミガキ粉が良いの?」の私なりの答えですが、何でもいいのです。本音を言えば何も付けなくてもいいのです。実は私も副院長も、歯科医師になってから、ハミガキ粉は使っていません。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL