お口のケアグッズ考 (舌ブラシ編) 

ご存知の方も多いと思いますが、舌に付いた汚れ(舌苔といいます)が注目され、さらにそれを除去するための「舌ブラシ」といったものも製品化されています。
口臭の原因として舌苔は大きな要素ですが、私個人的には、舌ブラシの使用には否定的に考えています。
それは、舌という器官は、簡単に傷ついてしまうからです。特に味を感じる「味蕾」という組織は、非常にデリケートです。また、何回もこすったり、強い力でゴシゴシやると、舌の表面が肥厚してきてしまうことすらあります。
最近は上の写真のような商品も出ているくらいですから、皆さんが気になさるのも、よくわかります。
でも気になる方もいらっしゃると思いますので、ブラッシングする際の注意点をお話します。
① 要は力を入れすぎない事。力を入れすぎると舌を傷つける可能性があります。
② 回数ですが、普通のハブラシで2~3回。それも毎日ではなく、週一程度、軽くこするくらいで十分ではないかと考えています。
③ 歯磨き粉をつけない事。その刺激で嘔吐反射をする可能性があります。
舌は、とてもデリケートです。やさしく、大切にお手入れしてあげることが肝要です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL