『サイナスリフト法』のインプラントの講習会に行ってきました。

今回の講習会では、サイナスリフト法と呼ばれる最新のツールとテクニックを学んできました。

上顎の骨の上には、上顎洞と呼ばれる大きな空洞があります。

上の奥歯が無い場合、時間とともにこの空洞が拡大し、インプラントを埋め込むための上顎の骨の量が薄くなってしまうことが多くなります。これは歯がなくなることによる歯槽骨の吸収の現象です。
そこで、上顎洞に、人工骨などを補填して、上顎洞の底の粘膜を押し上げ、骨が出来上がるのをまってからインプラントを埋入します。これがサイナスリフトという方法です。。

これらの技術の習得により、インプラントの適応症の拡大、また患者さんの高度な要求にも対応することを目標として、受講してきました。

今日の講習会で学んだ内容を生かして、明日からの診療にもつなげていきたいと思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL