「抜かない」ということ

先生のところは、歯を抜かないって評判なので、来ました・・・
そう言っていただく患者さんが、毎日のようにいらっしゃいます。
そして、その会話のニュアンスから「抜かない歯医者=良い歯医者」と患者さんは思っているようにも感じます。

しかし、本当に抜かない歯医者は、良い歯医者なのでしょうか?

当然のことですが、すべての歯医者は基本的には患者さんに感謝されたいと思っているはずですよね。

抜歯して感謝されることなんて通常ありませんから、できることなら抜かない治療方法で済ませたいと思っています。

そこで、抜歯をするという選択肢しかないというのは、専門家の目から見て、抜歯をするマイナスより、抜歯しないで今後起こり得るリスク(マイナス)が大きいと判断した際に選択します。

逆に言いますと、抜くかどうか迷うような歯を残すということは、それだけリスクを今後背負い込むということです。

それは、マメなお手入れをが当然必要となりますし、しかもいつ爆発するかわからない爆弾を抱え込むようなことであるという側面もあると私自身は考えています。

要するに、他の歯医者さんのところで抜歯と言われた歯を抜かないということは、健診にマメに来てもらった上で、それでもダメなときには抜歯に納得してくださいね、という訳です。

こういう際、抜かないで歯を残すというお話をした時には、皆さんはうなずいて聞いていただけますが、しばらくすると健診が途絶えてしまうというパターンが結構多いですね。

こちらの力不足もあると思いますが、抜歯せずに歯を残そうと思って頑張って通院した「あの時の気持ち」を忘れず、お手入れを続けていただきたいと切に思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL