歯科衛生士の仕事(虫歯予防:シーラント編)その4

こんばんは(^ー゜)☆

さかの歯科・歯科衛生士の東山です。

今日は虫歯予防でシーラントのお話をしますね。

シーラントとは簡単に言うと乳歯か永久歯の生え始めの奥歯にの噛み合わせの部分にプラスチックを埋め込んで、その部分を虫歯予防をする方法です(^з^)-☆

虫歯ができやすい時期、虫歯ができやすい場所にするのが良いと言われています!

シーラントの注意事項としては、シーラントは薄いので割れてしまうことがあります。

また、割れてしまって、そのままにしているとシーラントをしていない時よりも虫歯になりやすくなってしまうので、定期的に歯科医院でチェックしてもらって下さいね(^-^ゞ

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL